院長プロフィール

クラニオヒーリング東大前

〒113-0024 東京都文京区西片2-16-25 エスポワールアオキB07

電話受付 10:00~18:00 / 不定休・完全予約制

lv

院長プロフィール

院長プロフィール

0020_xlarge

院長 山北弘一(やまきたこういち)
1976年大阪生まれ

クラニオセイクラルセラピスト
分子栄養学アドバイザー
メディカルアロマアドバイザー

・臨床分子栄養医学研究会 会員

・International Medical Aroma School 会員

ごあいさつ

私はドラマーとして演奏や指導を通して人と向き合う中で、自分自身も含め、多くの音楽家が何らかの身体症状を抱えている状況に直面し整体の世界に進みました。

営業上の理由から「頭痛専門」を謳ってはおりますが、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、肥満など、一見無関係に見える症状も、背景にあるのは「細胞のエネルギー低下(ミトコンドリアの機能低下)」です。

そこには必ず「心」との関連があり、心と身体を多面的にみていく必要があると感じています。

普通の整体やマッサージに通っても根本的なところが変わらないという方は、心と身体を同時に癒す当院の施術を是非お試しください。長期的な改善とパフォーマンス向上をお手伝いいたします。

自己紹介

小さい頃から音楽が好きでした。運動は苦手でしたが勉強が得意で、中学受験で超・進学校「灘中」に入学。しかし15歳でドラムに出会い、学業はそっちのけで練習に明け暮れていました。

音大への進学を希望しましたが、学年の8~9割が東大か京大に進学するという環境では周囲の理解が得られず、一浪して慶応大学へ。しかし大学は卒業することなく、数年の下積み期間を経てプロになります。良き先輩ミュージシャンとのご縁もあり、20代は有名タレントのバックバンドやテレビ出演など多くの仕事を経験。華やかな世界でした。

プロの世界で挫折し、講師に転身

20代は本当に頑張りました。しかし「頑張る」とは「我を張る」こと。この頃の私は自分をいかに売り込むかということばかり考えていて、エゴが強く、音楽を楽しむことが出来ていませんでした。何かと人のせい環境のせいにして、辛い経験ばかり引き寄せていたように思います。やがて心身ともに限界に達し、プロドラマーとしては挫折してしまいました。

ところが、縁とは面白いものです。

31歳のとき、師の薦めで講師の仕事を始めることになりました。自分が挫折したからこそ、人がつまずくポイントも痛いほど分かります。程なくして教室は大人気となり、10年間で延べ5,000人をマンツーマン指導。本やDVDも出版し、有名なプロも身体のケアに来てくださるまでになりました。

私は講師の仕事を通じて、人をサポートすることの楽しさに目覚めました。人の変化に立ち会う事が嬉しくて仕方がない毎日。天職だと思いました。

なぜ整体を?

ドラマーは腰痛や腱鞘炎に悩む人が多いので、もともと生徒の筋肉や骨格を調整することは日常的に行っていました。理にかなった身体の動きを丁寧に練習していくうちに、自然に治癒していく人が何人も出てきたのですね。

整骨院に週3回通っていたのが3ヶ月で通わなくても良くなった介護士さん、腱鞘炎でブロック注射で誤魔化して本番をこなしていたプロドラマーさんが1年後にはほぼ痛みが消えていたりと、本当に感謝されたのです。

その後、2人の先生から本格的に施術法を学び、やがて一般の方にも施術させて頂くようになりました。それが当院のスタートです。


私たちは自分一人で幸せになることはできません。人の役に立ちたいという気持ちは、きっと人間のDNAに刻まれているのだと思います。私はただただ、その気持ちに従って施術をしています。

施術を通して、幸せを循環させ、大きな輪を作っていきたいと思っています。

自分は「媒体」に過ぎないという気付き

講師の仕事も、施術の仕事も、自分の知識や経験を人に役立ててもらうという面があります。それはとても嬉しくやり甲斐のあることです。特に講師をしていた頃は尊敬され、感謝もされますので、ともすると自分が偉くなったような気になる時もありました。

ところが・・・ある時、気付いたんです。
私がゼロから生み出した知識や経験は、一つもない」ということに。

私はどこかから情報を取ってきて、自分なりに変換しているだけ。それを受け取ってくれる誰かが、何かの役に立ててくれる。

講師としての私の仕事は、自分を切り売りすることではなく、自分が得た情報を相手にあわせて「チューニング」することだったのですね。このことに気付いてから、私は施術においてクライアントの力を引き出すことが一層出来るようになったように思います。本当に、大きな気付きでした。

すべては一つ

自分の中から発していると思っていた情報も、実は自分の外に存在していた。自分のものだと思っていた身体の動きも、音や施術のタッチのイメージも、重力などの自然法則も、全ての情報は元をたどれば「外」にあった。

ならば、私がそれまで「自分」だと思っていたものは何だったのか?

もしかしたら「自分」というのは単なる観念でしかなく、自分も他人も世界も、すべては一つにつながっているのかもしれない・・・。

そんなふうに考えた結果、自分というのは「情報の媒体」なんだという結論に至りました。

ならば、これからは「媒体」としての力を磨こう。自分の持っている情報をどんどんお伝えしていこう。そのように、気持ちを新たにしております。

ご予約専用番号はこちら
【完全予約制】
スマートフォンの方はタップすると電話がかかります

電話受付 午前10時~午後6時

東京メトロ南北線「東大前」から徒歩5分
都営三田線「白山」から徒歩7分

ご相談・お問合せはメールをご利用ください
info@craniohealing.jp

アロマコーナー

TOP